がん保険


がんのリスクに備える保険

がん保険はがん治療を主な保障内容としています。がん治療においては長期化や再発した際の治療費が必要となることもあります。また現在は入院をしない抗がん剤を使用した通院治療が主流になってきているため、がん保険も時代とともに刻々と変化しています。

現在、当社では通院・入院治療を保障するがん保険や診断給付金があるタイプのがん保険を取り扱っています。

アフラック
新 生きるためのがん保険 Days

※アフラックのページへ

アフラック
新 生きるためのがん保険 レディース Days

※アフラックのページへ

三井住友海上あいおい生命
&LIFE 新ガン保険α

がんになられた場合のさまざまな保障を一生涯にわたり確保できる商品です。初期のがん(上皮内がん等)や日帰り入院も保障します。入院5日目までは一律5日分のがん入院給付金をお受け取りいただけます。入院や手術を何度でも保障します。

※日帰り入院とは入院日と退院日が同一の入院をいい、入院基本料の支払有無により判断します。

※三井住友海上あいおい生命のページへ

オリックス生命
Believe[ビリーブ]

初めてがんと診断されたときには、「がん初回診断一時金」をお支払いします。
さらに、がんの治療を目的に入院を開始された場合には「がん治療給付金」をお支払いしますので、治療開始時における費用の不安を軽減でき、治療の選択肢も広がります。
がん通院特約を付加し、がん治療を目的として約款所定の通院をされた場合、がん通院給付金をお支払いします。

※オリックス生命のページへ

ORIX2016-B-045

FWD富士生命
新がんベスト・ゴールドα

悪性新生物診断給付金は、支払事由に該当する限り、複数回の支払いが可能です(2年に1回の支払いを限度)。特約を付加することで上皮内新生物も保障されます。初めて悪性新生物と診断確定されたら、以後の保険料は不要になります。
充実した付帯サービスも利用出来ます。

※この保険は保険期間の始期から91日目に保障を開始します。

※FWD富士生命のページへ

FWD-C0265-1709

このホームページは、各保険の概要についてご紹介したものです。 取扱商品、各保険の名称や保障内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「契約概要」・「注意喚起情報」や各保険会社のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。