相模鉄道株式会社新卒採用サイト

多彩な働き方 is Big!

総合職 事務系

相鉄らしい働き方と組織を、
つくっています。

  • Tetsuya Murakami
  • 経営管理部 人事担当 2003年入社
  • Tetsuya Murakami
  • 経営管理部 人事担当 2003年入社

現場から経営企画まで、幅広い仕事を経験。

入社から現在に至るまで、さまざまな仕事を経験しました。最初は大和駅で駅係員として勤務し、車掌、運転士と現場のキャリアを積みました。現在計画が進められている都心直通プロジェクトを担当していたことも。鉄道税制や補助金について取りまとめを行う日本民営鉄道協会で勤務したり、経営管理部で経営計画や30年後の経営ビジョンを策定するプロジェクトに参加したり、31歳で海老名駅の駅長も経験しました。年齢職種問わず、いろいろな方とお仕事をさせてもらいました。現場の最前線から経営企画に至るまでの幅広い経験が、人事、労務、安全衛生と、社員一人ひとりの働き方をサポートする今の仕事に大いに役立っています。

裁量が大きい職場で、柔軟性を身につけてほしい。

相鉄は個人に任せられる範囲が大きいため、どんな状況に置かれても臨機応変に対応できる人材の育成が重要なミッションだと考えています。若い世代はとても真面目で一生懸命ですが、一方でフランクに、もっと積極的に意見交換を行ってほしいとも思います。多彩な職場を経験し、柔軟性やコミュニケーション力を身につけてもらいたいですね。仕事柄、多くの社員とコミュニケーションを取りながら意思疎通を図り、信頼関係を築く必要があります。難しくはありますが、人事の私が率先してさまざまな立場の人の考えを吸収するようにしています。人事の仕事を通じて嬉しいことは、一人ひとりの社員が働きがいを持って仕事に取り組む姿を見られたとき、病気や怪我から復帰して元気に働く姿を見られたときですね。

ファンを増やす相鉄らしい働き方の追求。

多様化する働き方に合わせた人事制度を計画している最中です。公私のバランスを取りながら、一人ひとりが100%の力を発揮できる職場を目指します。明るく楽しく働けるから、長く働き続けられる。会社全体に一体感を生むような制度づくりを心がけています。今後は、お客様視点に立った働き方づくりにも挑戦したい。地域密着型の相鉄では何よりお客様から好きになってもらうこと、ファンになってもらうこと、気持ちをグリップすることが大切だと考えるからです。私自身も頻繁に現場を訪れて、さまざまなメンバーと意見を交わしています。地域密着を超えたさらなる価値向上を追求していきます。

PRIVATE

ジョギングで発散。読書で吸収。

体を動かすことが好きなので、よくジョギングします。多いときで20km。走ると考えが整理される。仕事にも活きるスイッチ法です。読書も好きです(小説は読みません。新書ばかりですが)。歴史、宇宙、数学、地理、スポーツと選り好みせず何でも読むので、雑学的な知識が会話の糸口になって人とのつながる力になることもあります。

一覧に戻る