相模鉄道株式会社新卒採用サイト

失敗と挑戦 is Big!

エキスパート職 車両技術

失敗を受け入れてくれる。
そんなチームだから成長できる。

  • Shohei Takeyama
  • 運輸車両部 車両センター 修車区 2015年入社
  • Shohei Takeyama
  • 運輸車両部 車両センター 修車区 2015年入社

鉄道という身近な機械をメンテナンス。

機械を直す整備の仕事で、人の役に立ちたいと考えていました。出身は機械系ですが、大手鉄道会社の説明会で鉄道という身近なフィールドがあることを知り興味を持ちました。小さいころに乗った思い出がよみがえり、相模鉄道の説明会に参加。とても爽やかな印象を持ち、ここで働いてみたいと入社を決めました。現在は、ブレーキ装置やドアの開閉を行うドア装置の保守点検と動作試験を担当し、お客様に安全で安心な車両を提供するために頑張っています。自分が整備した電車がお客様を乗せて走っている姿を見て、やりがいを感じています。

先輩・後輩と、チーム力を高めていく。

相鉄の説明会で感じた爽やかさは、先輩方のウェルカムなコミュニケーションにあると思います。とにかく先輩と後輩の仲が良い。積極的にかかわってくれるので、人として興味を持ってもらえていると感じます。先輩方のコミュニケーションスタイルを受けて、私も同じように後輩に接していますね。若手の私が積極的に後輩とかかわることで、チーム全体への橋渡し役になれたらと思っています。修車区が担当する部品は非常に多いため、チームプレーが肝心です。時には他のチームから応援に来てもらうことも。いかに効率良く作業ができるか、どう説明したら周りの方や後輩に適切に伝わるかを、常に考えています。

失敗を受け入れる風土だから、成長できる。

たくさんのお客様にご利用いただく鉄道は、小さなミスでも大きな事故につながる可能性が潜んでいます。そういったリスクを回避するために私たちがいる。大きな責任を感じます。入社当時はどのように動いたらよいか分からず、先輩の指示を待っていました。最近は、自ら動いて仕事ができるように。それを見た先輩方が喜んで、褒めてくれる。嬉しいですね。こうして成長できたのも、失敗を受け入れる風土があるから。失敗を経て、自分の感覚として掴まないと身につかないことがたくさんあるのだと教わりました。分からないことはどんどん質問する。人の命に直結する仕事だという自覚を持ち、今日も整備に励みます。

PRIVATE

食べ歩きで、勉強中。

私は神奈川県出身ではありませんので、相鉄沿線の地域について、知らないことがまだまだたくさんあります。休日はもっぱら食べ歩きや散歩を通して、地域について勉強しています。

一覧に戻る