相模鉄道株式会社新卒採用サイト

Big!な将来性。

次の100年に向けた
プロジェクトが、次々と。

都心直通プロジェクト

相鉄創立以来のビッグプロジェクト

相鉄線とJR線、東急線との間に連絡線を新設し、相互直通運転を実現させます。相鉄線沿線から東京都心部や新幹線へのアクセスを向上させることが目的です。相互直通というビッグプロジェクトを成功させるためには、JRや東急など直通先の鉄道会社や地域住民の方々との連携が重要。さまざまな困難もありますが、相鉄線沿線の街の活性化につながると信じて取り組んでいます。

連続立体交差事業

もっと安全で住みやすい「街づくり」

星川駅と天王町駅を含めた約1.8kmを高架化する横浜市の都市計画事業です。相模鉄道は区間に含まれる9箇所の踏切をなくし、大規模な構造物を構築する工事を進めています。星川駅・天王町駅周辺は、保土ヶ谷区総合庁舎や横浜ビジネスパークなど多様な施設が集積しており、都市型住宅が建設されるなど、さらなる発展が期待されている地域です。立体交差を完成させ、地域住民の方々がより安全に、より快適に過ごすことができる街づくりを目指しています。