相模鉄道株式会社新卒採用サイト

SPECIAL 2017新卒入社 内定者たちの声

相模鉄道に興味を持ったきっかけは?

  • 以前から運輸・輸送業界に興味を持ち、鉄道業界は多くのお客様と接することができ、中でも相模鉄道はお客様との心理的な距離が近いため志望しました。(理工学部電気電子工学科)
  • 横浜や今後の発展の期待が高まっている海老名という大きなターミナルを持ちつつ、路線がコンパクトなので地域に密着したサービス・貢献ができると思ったことがきっかけです。(文学部社会学科)
  • 地域住民の生活に密接にかかわる鉄道事業というフィールドであれば、自分の仕事を通じて多くの方の生活を少しでも良いものにできるのではと思い、鉄道業界を志望しました。(政治経済学部地域行政学科)
  • 人の人生にかかわるような仕事をしたいと考え、大切な通勤時間に寄り添える横浜の企業であったため志望しました。(法学部法律学科)
  • 大学での研究活動を通じて鉄道業界に興味を持ち、毎日通学で利用している相模鉄道を志望しました。(理工学研究科情報科学専攻)
  • 他の鉄道会社に比べ、地元の神奈川県に安定して勤務、貢献することができるため。また、若いうちにも多くの責任ある仕事を担当できることに魅力を感じました。(法学部法律学科)
相模鉄道に入社を決めた理由は?

  • インターンシップで、働きやすい職場環境・雰囲気があると感じたから。また、相鉄が創立100周年を迎えると知り、自分が相鉄の次の100年を支えていきたいと感じたからです。(デザイン工学部都市環境デザイン工学科)
  • 鉄道を通じて私の住んでいる地元を盛り上げることができると考えたためです。(理工学研究科情報科学専攻)
  • 同業他社に比べ少人数で業務に当たることから、個人に与えられる責任の重さを感じ、自身の仕事に責任感を持つことができると考えたからです。(理工学部電気電子工学科)
  • 鉄道という公共性の高い仕事を通して、地元である神奈川県に貢献したいという思いから入社を決めました。会社説明会や面接の際の社員の方の雰囲気なども決め手のひとつです。(理工学部電気電子生命学科)
  • 都心直通プロジェクトや立体交差事業などの新しい取り組みを積極的に行っている姿勢に強い向上心と将来性を感じたからです。(文学部社会学科)
  • 実際に利用してみて、鉄道業界の中でも、特に駅でのお客様との触れ合いやサービスなど、ホスピタリティの面に注力していると感じたからです。(政治経済学部地域行政学科)
相模鉄道の魅力は?

  • 路線は非常にコンパクトでありながら、輸送人員はとても多く、その中で自分も会社の一員として力を発揮したいと思いました。(人文学部日本文化学科)
  • 都心直通事業を推進することで沿線以外での存在感を増し、鉄道以外の事業においても相乗効果が期待できるのではないかと考えています。(政治経済学部地域行政学科)
  • 地域密着のビジネスを通して、利用されるお客様、沿線にお住まいの方々の要望に応えようとしている点に魅力を感じました。(理工学部電気電子工学科)
  • 沿線の人々を支え発展してきた地域密着型の企業であること、さまざまな新規プロジェクトでこれからもますますの発展を期待できるところが魅力だと思います。(理工学部電気電子生命学科)
  • 地域の方々からの信頼を築き上げ、共に魅力的な沿線づくりをしていることだと思います。(文学部社会学科)
  • 神奈川県の鉄道といえば相鉄線である、というイメージが地域に定着していること。「そうにゃん」の知名度も近年上がっていて、企業全体のイメージが良いと感じる点です。(法学部法律学科)
相模鉄道の第一印象は?

  • 鉄道会社ということで最初は真面目で堅そうなイメージを持っていましたが、説明会や面接で実際に社員の方と話をしてみると、どの方も優しく丁寧で、思っていたような雰囲気ではありませんでした。また、相互直通運転等の取り組みを知って、これからも成長していける、未来が明るい会社だという印象を受けました。(理工学部電気電子工学科)
  • お客様を安全かつ正確に輸送する職責の重い業務であるため、慎重さと迅速さと正確性を兼ね備えた印象ですが、同時に私たち一人ひとりの成長につながると確信しています。(法学部法律学科)
  • 過去に利用した際にアットホームで親しみやすい印象を受け、実際に選考を通してお話を聞いていく中でも社員同士が切磋琢磨しながらお互いを高め合っているように感じました。(文学部社会学科)
  • 鉄道事業という安全・安心が重視される事業に真摯に向き合っているなという第一印象を持ちました。(政治経済学部地域行政学科)
  • 大きなプロジェクトであっても利用されるお客様の日常を考え、堅実な努力を続けている会社であると感じました。(理工学部電気電子工学科)
  • 地域に密着しているイメージです。神奈川県の鉄道会社といえば相模鉄道という印象です。そして、それが都心までつながり成長する企業というイメージも併せて持っています。(法学部法律学科)
相模鉄道に入社したら、どんな仕事をしたい?
  • まずは現場のプロフェッショナルとしてお客様の声に応えたいと考えています。将来は現場での経験をもとに、お客様だけでなく働く側にとっても、良い会社づくりに携わりたいと考えています。(理工学部電気電子工学科)
  • 運転業務にかかわり、いかなるときも正確で安全な運行を、自信を持って行えるよう志したいです。また、現場の顔として信頼される社員を目指し、お客様のご案内をしたいと考えています。(法学部法律学科)
  • 鉄道という人々の生活を支える事業で業務に当たれることに誇りを持って業務に邁進します。その後、どの部署であってもお客様目線を忘れることなく、どうすればお客様の生活の質を向上できるかを絶えず考え、それを実行していきたいです。(政治経済学部地域行政学科)
  • 現場のエキスパートとして、日々の安全を守るために精一杯努力したいと考えています。また、将来的には相模鉄道がよりお客様に愛される会社となるようさまざまな知識を身につけたいと思います。(理工学研究科情報科学専攻) 
  • 鉄道は毎日時間通りに動くのが当たり前だと思うので、はじめは駅係員として、信頼して電車に気持ち良く乗ってもらえるような接客をしたい。そして、ゆくゆくは乗務員として電車を走らせ、地域の人々の足を支え、また相互直通運転後は、より広いエリアにおいて第一線で活躍をしていきたいです。(人文学部日本文化学科)
  • 沿線以外のお客様にもっと相模鉄道を知ってもらえるようなイベントやPR活動に積極的に参加したい。地域の子供たちの憧れになるような現場のプロフェッショナルになりたいです。(法学部法律学科)
就職活動中の学生の皆様へ、応援メッセージを!
  • 初めてのことばかりで不安なことや辛いこともあるかと思います。自分をしっかり持って、時には休息をとりつつ、後悔しないように最後まで諦めず頑張ってください。そして自分の出した答えに、自信を持ってチャレンジしていってください。(文学部社会学科)  
  • 就職活動期間は多忙な生活や、自分の思うように物事が進まないことで、「自分」を見失いそうになることがあるかもしれません。しかし、そうした中で、自分を見失わないことが就職活動を経験して一番重要だと私は感じました。常に「自分」を持ち続けて就職活動を頑張ってください。(デザイン工学部都市環境デザイン工学科)
  • 就職活動は失敗の連続です。思うようにいかないこともあると思いますが最後まで諦めないでください。就職活動では失敗を恐れて何もしないよりも、やって失敗したほうが自身の経験にもなります。頑張ってください!(理工学部電気電子工学科)
  • 就職活動は真剣に自分を見つめ直して自分と戦うことができる人生で滅多にないチャンスです。精神的に疲弊することも当然ありますが、努力した先に本当の自分を見てくれる企業が現れるはずです。頑張ってください。(法学部法律学科)
  • 自分は何がやりたいのか、自分には何が向いているのかを考え続けることは必ず無駄にはならないと思います。時には息抜きをしながら、後悔しないよう目標に向かって全力を尽くして頑張ってください!(政治経済学部地域行政学科)
  • 自己PRや自己分析は早い段階から準備しておくとES作成や面接時に困りません。早め早めの準備を!努力すれば必ず実ります。「縁」を大切に!(文学部地理学科)